ヘッダー画像

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ホームページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

    
            

アマゾンのVINEプログラム

2010/06/17
category - 未分類
コメント - 0
                         
アマゾンがまたひとつ米国流の新しい方法を持ちこんだ。企業側から商品提供させてレヴューを書かせるVINEプログラムだ。日本の新聞や雑誌、テレビやラジオは、もともとずぶずぶどろどろにスポンサーべったり。もちろん、これまでにも商品提供レビューというものはあったが、広告代理店主導で、都合のいいレヴューしか使わない。ところが、アマゾンの場合、メーカーではなく、流通業者だ。べつに無理に特定メーカーを売ろうとしなければならない理由がない。

大学でも、近年になってようやく講義アンケートが一般化しているが、これを単純集計して、その結果に従うと、バカ学生に受けるだけのダメ講義ばかりになっていく。商品でも同じこと。ようするに、レヴューの質は、レヴュワー次第で、いわゆる統計的な市場調査が無意味になってきた。このことから、レヴュワーの選別が重要な問題になってきた。

さて、今日が初日の提供商品だが、目玉はダイソン。でも、前の型を持っているでいらない。圧力鍋も持っている。あとは雨傘とか、水筒とか、どうでもいい本やCDとか、空ディスクとか。正直、この中から選べと言われても。とりあえず『指輪』のDVDセットを申し込んでみた。これは悪くなさそうだ。
                                 
                                      

コメント

非公開コメント