ヘッダー画像

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ホームページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

    
            

スポンサーサイト

--/--/--
category - スポンサー広告
                         
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                                 
                                      
            

習ったら負け

2010/06/10
category - 未分類
コメント - 0
                         
世に天才と呼ばれる人々がいる。幼少から大人顔負けの実力を発揮する。また、在野にもかかわらず、とてつもない巨人が出てくることもある。と、ここで気づいた。連中はみな、人に習ったことがないのだ。人に習ってできるようになるのは、天才ではない。天がその人を導いているからこそ、天才なのだ。

学問でも、芸術でも、教師の方が偉い、ということになっている。しかし、ちょっと考えればわかるように、そんなに立派なら、世間で活躍し、密室でシロウト相手に教師などやっていない。つまり、教師など、たいていはプロのなりそこねだ。そんなのに習ったら、また教師になるしかなくなってしまう。

だが、もちろん多くの弟子を育てた師匠もいる。かれらは職業教師ではなく、プロとして第一線に立っている。それにかってに弟子たちがぶらさがってきてしまっただけ。だから、教えたりしない。そんな暇はない。それで、弟子たちの方がかってに師匠の技を盗む。

暇つぶしのお稽古ごとならなんでもいいが、プロになりたいなら、教師なんかにならったら負けだ。前へ前へ突き進んでいる先人たちの背中を追って、それを追い抜いていくやつだけがプロになる。
                                 
                                      

コメント

非公開コメント

    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。