ヘッダー画像

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ホームページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

    
            

スポンサーサイト

--/--/--
category - スポンサー広告
                         
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                                 
                                      
            

リベラルアーツ

2010/05/26
category - 未分類
コメント - 0
                         

一般教養のことだ。古い七学にこだわることもないが、教養部解体とともに、いつの間にか雑学に落ちた。だが、知識だったら、三流教員に習うより、専門家の書いた本の方が中身が濃いに決まっている。しかし、アーツとは、もとより知識ではない。流儀だ。だから、リベラルアーツとは、自由人としての生き方そのものだ。大学では、専門性を身につけるために、まず、普遍的な、大きな視野、大きな度量を養うことが求められる。

プラトンの化粧術の批判を待つまでもなく、人の格は、顔に出る。コンタクトレンズで黒目を大きくしたところで、目つきは隠しようがない。その目から心の中まで透けて見える。いくら知識があっても、顔つきが弛みきっているのでは、人として生きている意味さえあるまい。

人としての魅力を身につける。難しいことだ。だが、不可能ではない。筋肉と同様、ある種の負荷、挑発がかかることによって、人はみずから自分を鍛え上げていく。リベラルアーツの意味は、本来、そこにある。容易ならざる問題に向き合い、自分なりに答えを模索するとき、人は自分で自分を作る。そして、人間そのものの内面からの輝きは、いかなるうわべの化粧や衣装よりも力強いものだ。

                                 
                                      

コメント

非公開コメント

    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。