ヘッダー画像

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ホームページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

    
            

ヨーロッパのクリスマス回帰

2016/12/13
category - 未分類
コメント - 0
                         
 日本では最近はコカコーラすらクリスマスCMをやらない。が、ヨーロッパでは、例年、12月、待降節を過ぎるとテレビはクリスマスCMが腕を競う。日本と同じ30秒というものもないではないが、より長い3分もあるCMもあるので、ドラマ仕立てで、しっかりしたものが出てくる。家で更新するベンツなどの車、プレゼント用の高級ブランドだけでなく、デパートやスーパー、そして携帯電話屋、電気屋など、いろいろなところが自信作を出す。

 米国アマゾンは、高齢の神父のところを友人で、やはり高齢のウラマー(イスラム指導者)が訪ね、おたがい相手を思って膝のサポーターをアマゾンから贈る、というのをやっているが、ぎりぎりの線をすりぬけている。ユダヤ教のハヌカーがすっかりクリスマス化してしまったが、イスラムはあいかわらず基本的にはクリスマスを否定している。だから、あくまで冬の友人同士のプレゼント。

 米国マクドナルドは、おもちゃ屋の売れない人形の話。これも、おもちゃ屋はクリスマスだが、むかいのマクドナルドは、いろいろな人種、宗教、世代の人々が楽しげに集っている。とにかく気をつかう。

 一方、ヨーロッパの方は、クリスマスらしさが露骨になってきている。もともと、家族がみんなひさしぶりに顔合わせする、という米国風のクリスマス風景が多いのだが、あまり人種や宗教の配慮は無い。フランケンシュタインがiphoneでクリスマスソングを覚えて町に降りていくというスイスを舞台としたCMが出色だが、これだけ移民がいながら、フランケンシュタインまで出てきても移民はまったく出てこない。

 英国や米国にかぎらず、どこの国も内向き、家族主義に回帰してきている。それは同時に移民排除でもある。そもそも、情報社会とともに発展したグローバリズムが、近くの隣人より遠くの友人、だった。しかしいま、逆に、グローバリズムから落ちこぼれた隣人たちが遠くの親族とつながって、グローバルな根無しの連中を排除し始めた。時代は直進しない。ときにふしぎな方向へ折れ曲がっていく。
                                 
                                      

コメント

非公開コメント