ヘッダー画像

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ホームページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

    
            

モーリー・ロバートソンか……

2016/03/18
category - 未分類
コメント - 0
                         
 偽物ショーンに代わって、もぐらのモーリーか。大学の同級生、といっても、数か月で、あいつ、いなくなっちゃったが。あれは、本物だ。だけど、テレビは、本物の意味がわかってないと思う。けっして悪いやつではないが、たいへんだと思う。ほんの数か月の付き合いでも、かなり強烈なインパクトがあったから。

 なにしろ頭が金魚鉢だ。若いうちから人生に苦労しすぎて、性格的にいっちゃってた。なにより本人自身がいちばんしんどかったのだろうと思う。世間では、東大だ、ハーバードだ、と言うと、ちやほやされるように思っているが、ショーンは声と顔が良かったから、どうにかなっただけで、普通には、わけのわからない、さして知り合いでもないやつらにまで、知ったかぶりで嫉妬されて面倒なだけ。うちらは、東大ったって、東大の中の東大、1組インタークラス。彼は、英語がネイティヴで、本物のスコットランド系で米国籍。おまけにハンデ無しの受験で受かるくらい日本語も、フランス語もできるとなれば、さらに大変だっただろう。

 私も彼とは直接にはあれっきりだが、どうやってもパンピー、そして東大パンピーとさえ違う、みんなもうふつうにはなれない同じ1組インタークラスのメンツとして、その後もずっと気にかけていたし、その後もいろいろ苦労していたのを知っていた。それでも残るのは、彼にはそれだけのものがあるからだろう。(ただ、音楽の才能だけは、あいかわらず皆無だと思うよ。なんで昔から本人がやりたがっていたのかも、よくわからないが。1組は当時から音楽でももっと天才的なやつらが多くいた。)

 始まる前から心配するのも申し訳ないが、さて、いつまで続くやら。べつに無理しなくてもいいと思う。あれが出てきて、本音で語ったら、局も視聴者もドン引きだと思う。古賀みたいに小物で過激でトラブルを起こすというんじゃなくて、普通の人にはぶっとびすぎて理解できないだろうから。それとも、いいかげん大人の了見と分別を弁えたか。まあ、とにかく見もの。たがいにもういい年だが、遠くから大いに期待し応援しているぞ。がんばれ、ぼくらのもぐらのモーリー!
                                 
                                      

コメント

非公開コメント