ヘッダー画像

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ホームページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

    
            

川越と古市と川谷の違いがわからない

2016/01/13
category - 未分類
コメント - 0
                         
 最近、よくわからない。この三人の区別がつかない。三人とも、みんな同じ顔に見える。そもそも、こういう顔って、どこ系統なのだろう。まあ、日本なんて島国で、みんなどっかしらからの流れ者なのだろう。思いっきり縄文人っぽい、こゆい人もいるかと思えば、あんにょんはせよ、な、半島顔の人もいるし、かと思えば、浅田なんとかみたいに、平たい顔族でも、ここまで平たいか、というような顔つきもある。陛下や皇太子さまの鼻は、舞楽面そっくりだから、胡国、つまり、イラン系か、ソグド系か。私なんぞは、室町まで系図が遡れるにても、きっともっと遠い遠い先祖は中国のどこかじゃなかろうか。眉毛とかひげとか、細く長く伸びて、霊力を発せられれば、と念じているのだが。

 まあ、この百年で半島からやってきた人はともかく、そうでなければ、江戸時代より前からいるのだろう。さんざ混ざっているだろうに、いかにも、という顔つきが残っているのは、とても不思議だ。案外、混ざらないで、似た顔どおしでひかれあって、結婚するからだろうか。なんにしても、ハーフがどうこういうのなら、日本人なんか、みんななんかしらのハーフ。それとも、日本が火山だらけだったころからの日本人の完全純血種なんてやつらがいるのなら、それはそれで驚くが。

 白でも、黒でも、ネズミを捕るのがいい猫だ、と鄧小平が言ったとか言わないとか。移民だろうと、ハーフだろうと、この国をよくしてくれるなら、だれでもいい。逆に、昔っからこの国にいるというだけで、移民やハーフに負けそうだと騒ぐクズ連中の方がやっかい。
                                 
                                      

コメント

非公開コメント