ヘッダー画像

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ホームページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

    
            

スポンサーサイト

--/--/--
category - スポンサー広告
                         
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                                 
                                      
            

にごりワインの季節

2014/10/03
category - 未分類
コメント - 0
                         
 ドイツでは、この季節、酵母が入ったままの、今年の新酒、にごりワインが街角でビン売りされている。ちょっと甘酒なんかに似た、酵母独特の甘みに満ちた、秋の季節の味。なんて思い出していたら、無性に飲みたい。考えてみれば、この近所、ワイナリーは少なくない。東京に住んでいたころは、山梨まで買い出しに行ったが、このあたりにもあるんじゃないだろうか、ということで、聞いてみた。

 たら、なんのことはない、大学のすぐ近くで、あるじゃないの。酵母がまだぴちぴち泡を出しているとか。だけど、ビン詰めして、一般にも売ってる、と聞いて、あれっ、とも、思う。ドイツの場合、フタにキリで穴が開けてある。そうでないと、ビンが爆発してしまうから。それで、こぼさないように、立てて持って帰る。だけど、日本で、販売用に栓を閉めきってあるって、それ、亜硫酸でしめちゃったんじゃないのかなぁ。酵母カスが残っているだけじゃ、にごりの意味がない。

 なんにしても、近々、仕事の帰りにでも、寄ってみようと思う。できれば、酵母をしめていない、生きて泡の出ているやつが飲みたい。あれ、一両日に飲まないと、味がバカになるんだよね。でも、それくらい酵母の生きがいい方が、いいんだけどなぁ。
                                 
                                      

コメント

非公開コメント

    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。