ヘッダー画像

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ホームページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

    
            

向陽台4丁目と富田林駅前寿町

2014/05/21
category - 未分類
コメント - 0
                         
 大学の近くで、この場に及んで、規模の大きな住宅地が発売になる。ところが、地元の評判が悪い。まず向陽台4丁目、「金剛東」。この一帯、旧住宅公団、現URが1980年代に大々的に造成した。しかし、ここは、とんでもない沼地で、問題のある汚染物質の廃棄処分場になっていたらしい。それで、その手前の新規造成住宅地を守るために、4メートル以上も土を盛り上げて密閉していた。ところが、昨年から表面を造成。30年も寝かしていたものの、あいかわらずグズグズで、表示価格の他に各戸で数百万円の地盤改良工事が必要になるとか。とはいえ、盛ったカサが高すぎて、数メートル掘ったところで、地盤は達しない。それどころか、せっかく深く埋めた汚染物質を表面に掘り出してしまうことになる。まあ、厳正な調査の結果、安全だ、ということになったから、大手が売り出しているのだろうが、はいそうですか、では、などという風には、3.11の原発の安全神話崩壊以降、話が進むまい。

 また、富田林駅前、徒歩数分の寿町。ダイエーのすぐ隣。ものすごく立地がいい。しかし、ここも、もとは沼地。排水路を引いて工場にした。問題は、その工場が扱っていたもの。金属合金、それもコバルトだと。工場を撤去して、いくら上に土を持っても、ここは地下水が湧き出続けている。こんなところに住宅を作ったら、ますます少子化になるよ。人の商売のじゃまをする気はないが、土地なんて、もともと風評も含めての価値。まあ、買う方も、よく言うように、不動産に掘り出し物無し、立地が良いのに、新規に出てくるなんて、ワケあり、なことくらい気がつかないと、危ない、危ない。
                                 
                                      

コメント

非公開コメント