ヘッダー画像

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ホームページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

    
            

会田誠展がおこられちゃってる

2013/01/28
category - 未分類
コメント - 0
                         
 村上隆や天明屋尚、山口晃なんかとは、才能のレベルが格段に違う。こっちは本物。だから、ごまかしが効かない。世間に出てきちゃまずいって。知る人ぞ知る、いわゆるサゲ進行じゃないと。こいつの取り巻きにはクズが多いが、本人は、まちがいなく百年後まで作品が世界的に残る。そういうのは、同時代に歓迎されるわけがない。

 とにかく取り巻きが悪い。才能も無いくせに、ぶら下がって自分を売ろうというやつらが多すぎる。ほんとうに彼の作品の意義がわかっているなら、井上有一とか、高島野十郎とか、稲垣足穂とかみたいに、慎重にことを運ばないといけない。なのに、本人以上の目立ちたがりのバカばっか。こんなやり方をすれば、そりゃ、すぐに、うるさい方々に目をつけられるに決まっている。それがわからないようなやつらには、彼の作品の意義も、ほんとうの意味では、よくわかっていないのだろう。

 こうなっちまうと、いまさらひっこみもつくまい。良くも悪くも、さらにわけのわからん連中がよってきて、さらにわけのわからん話で、もみくちゃにされちまう。さて、どうするのかな。天才なら、後手に回る前に、手鎖百日、とか、自分でビデオを作って、世間の皆様に詫びを入れる、とか、会田らしい馬鹿馬鹿しさで切り抜けてほしいんだけどなぁ。
                                 
                                      

コメント

非公開コメント