ヘッダー画像

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ホームページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

    
            

オスプレイは危ない?

2012/06/23
category - 未分類
コメント - 1
                         
沖縄の方で配備反対をやっている。事故が多いから、というが、まあ、追加はなんでも反対だろう。政治的な話を抜きに純粋に飛行機として見た場合、潰してしまうにはもったいない可能性がオスプレイにはある。

オスプレイ、魚を急襲して捕る小さな鷹、ミサゴのこと。まさにその名にふさわしい機動性。戦闘ヘリもいいが、安定した前線基地がないと、飛び立って現地に着く前にスクランブルでインターセプトされてしまう。この意味で、オスプレイは艦上機などとしても、比類の無い機体だ。あそこの国があの状態では、運用リスク、政治リスクを承知でも、軍事的には沖縄に置いておきたい、と考えるのも道理。

とはいえ、なんで作る前にこんなことに気がつかなかったのかよ、というようなバカさ加減もこの機体には多い。ジェットエンジンを真下に向けて噴き出すから、地面が燃えちまう。艦載中なら、弾薬庫に火を吹き付けているようなものだ。それに、片っぽのエンジンが止まったら、救いようがない。二つを繋ぐクロスシャフトったって、構造的に無理がある。おまけに翼に揚力がないから、急降下すると、そのまま簡単に墜落する。

まあ、現行のV22は、このマヌケなありさまだが、無駄な滑走路も不要だし、改良を重ねれば、山間地のバスに変わるエアコミューターとしてはかなり有望だと思う。生温かく見守ってやったらいいのに。
                                 
                                      

コメント

非公開コメント

確かに

熟成されれば多用途に活躍しそうですよね。