ヘッダー画像

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ホームページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

    
            

スポンサーサイト

--/--/--
category - スポンサー広告
                         
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                                 
                                      
            

オーストリアの学位肩書

2011/09/05
category - 未分類
コメント - 0
                         
ドイツも、大学の学位肩書が幅を効かせている。教授博士、なんて、まだ甘い。教授博士博士、なんていうチェック欄がルフトハンザでふつうにあるくらいだ。実際、医学部の教授となると、臨床医学博士と研究哲学博士の両方を持っていることが多い。そのうえ、大学の教授資格審査が学位とは別にあるので、Prof.の前にUniv.-がつく。教授資格のないテニュア持ち、日本の常勤専任准教授はhabil.Dr.。いま修士号の導入が図られているが、ドイツの場合、大学を卒業する=博士号を取る、だから、博士号無しの正教員などいない。

ドイツに輪をかけて大学の学位肩書がごついのが、オーストリア。こっちは、以前から修士号があるので、それも併記するのが一般的。これに分野名がラテン語の略語でつく。そんなわけで、a.o.Univ.-Prof.Mag.a rer.soc.oec.Dr.in rer.soc.oec. なんていう、人をケムに巻くたような長いのが、ごろごろ。a.o.は、特任(非常勤や任期付)。Mag.の後のaやDr.の後のinは、女性形。でも、inなんていう接尾語はラテン語じゃないじゃん。rer.soc.oec.は、経済学。神学部で取った哲学の修士、なんていうややこしいものもある。

日本じゃ理系院生、とくに工学系では、だれでも博士号をばらまいて留学生を集めているけれど、これは国際的には、かなりまずい。これだけ世界の学術交流が盛んになると、名称や表記はともかく、すくなくとも、その水準は、統一的なものにしないと、いずれ大きな問題になる。


                                 
                                      

コメント

非公開コメント

    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。