ヘッダー画像

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

ホームページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

    
            

スポンサーサイト

--/--/--
category - スポンサー広告
                         
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                                 
                                      
            

DTMの10年

2011/06/13
category - 未分類
コメント - 0
                         
 CUBASE 6 ELEMENTS 日本語版が6月1日に発売になっているはずなのだが、ネット上に現物がない。どこも取り寄せだ。XG Works を使ってMIDIでエレクトーンや MU2000 をコントロールしてから、かれこれ十年以上。SOL になったあたりで、面倒になった。作業が、音源からの戻しとパソコン上での生音の管理とがごちゃごちゃになって、あっちここっちのチャンネルがぐるぐる。こりゃ開発も潰れるわな。

 バブルでリゾート関連、レジャー関連に手を広げすぎたYAMAHAという会社そのものも、ごちゃごちゃでガタガタ。もともと素性のわからない川X一族を追い出して、いろいろ整理したようだが、エレクトーン自体、シリーズ更新するたびに、それまでのデータレガシーがすべて使えなくなるし、そりゃ客がつかないよ。一般キーボードに比べて、むだに高いし。D-DECK だ、ってったって、ギターのように一人で持ち歩けるようなものじゃない。だいいち、スピーカーもない楽器に、音源が入っている必要があるのか?

 音源がもうパソコンで充分なんだから、汎用二段キーボードと足ボードだけで、あとはぜんぶノートパソコンでコントロールすればいいのに。キーボードも、いまどきごちゃごちゃしたボタンだの、見にくいちっぽけな白黒液晶画面なんかいらないから、正面にノートパソコンを置けるようにしてくれよ。
  
                                 
                                      

コメント

非公開コメント

    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。