ヘッダー画像

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ホームページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

    
            

太陽と月と塔

2011/03/19
category - 未分類
コメント - 0
                         
 タロットカードで、第十六番の塔が何を意味するか、知らない者はいまい。上向きでも、下向きでも、ろくなことにはならない。阪神大震災も、咲洲WTCコスモタワーができる直前。あくまで迷信とは思いながらも、スカイツリーなど建てていれば、そのうちなにかあるんじゃないか、などと不安に感じていた。

 くわえて、今年は太陽や月もおかしい。ヴァレンタイン・フレアを吹き出して直後、北アフリカは大混乱。2年の停滞を打ち破り、巨大黒点群が現れ、サイクル24が一気に加勢。おまけに今年は、18年に一度のスーパームーン。で、2月22日にニュージーランドで大地震。3月11日に東北関東大震災。ホロスコープを調べたら、エネルギーを象徴するアリエス(おひつじ座)に、先月からジュピター(天空の革命王)が入っていて、そこにプルート(プルトニウムの語源、地獄の冥王)が割り込んできていた。この後、ピスケス(うお座)にネプチューン(海王)がやってくる。犠牲と醜聞、理想と酩酊。いよいよ、世界はぐちゃぐちゃになっていくのだろうか。

 占いなんて、しょせん占い。天空と、地面と、なんの関係があるのやら。しかし、明日をも知れず、地面の上で生きていかなければならない人間からすれば、人知を越えるものがあるという畏れだけは、忘れてはいけないように思う。
                                 
                                      

コメント

非公開コメント