ヘッダー画像

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ホームページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

    
            

スポンサーサイト

--/--/--
category - スポンサー広告
                         
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                                 
                                      
            

年頭のごあいさつの仕方

2011/01/07
category - 未分類
コメント - 0
                         
 今日から大学の講義も始まった。そして、教授会。まだ松のうちだから、「こんにちは」ではなく、年頭の御挨拶をしないといけないのだろう。しかし、いったいどこでどう諸先生方、職員の方々に御挨拶をしたものか、まことに困った。たとえば、エレベーターの中。「こんにちは」で会釈ならなんでもないのだが、「明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします」などと長々深々と頭を下げるには、ここは狭すぎる。だいいち、何人かの先生が先に乗っていると、いったいどっちにどう向いていいのやら。

 そして、教授会の建物のホールでのエレベーター待ち。これも、困る。先に何人もいっぱいいすぎる。そのうえ、次から次へと別の先生がやってくる。そのたびに個別に挨拶をしてうろちょろなどというのは、じゃまでしかない。結局、みんなばらばらにごちゃごちゃ。

 考えてみれば、これまでずっと松のうちはオフだった。ふつうの会社って、どうしているのだろうか。電車の駅のホームとか、通勤途中の舗道とかでも、同じ会社の人や取引先の人を見かけるたびに、立ち止まって御挨拶をするのだろうか。自分の常識の無さで、今日はあちこちで失礼をしてしまったようで、とても気がひける。
 
                                 
                                      

コメント

非公開コメント

    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。