ヘッダー画像

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ホームページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

    
            

機内販売がぱっとしない

2010/08/20
category - 未分類
コメント - 0
                         
 早々に飛行機に乗っても、べつにすることもない。近頃は、イヤホンも頼まんと使えん。しかし、客が落ち着くまでは、客室乗務員も忙しいので、用ははばかられる。というわけで、開くのは機内販売。以前は、航空機会社オリジナル開発のものがけっこうあって、ときどき買った。文字通り、世界中を飛び回っているだけあって、目利きで、はずれも少なかった。だが、昨今、女性雑誌のおまけのような袋ものを1万円で売っていたりする。そんなの、いらね。

 国内線、国内線とも、ブランドものが多いが、凡庸だ。こんなの、そこらのデパートでも売っていそうな程度の品物じゃないか。機内でしか買えませんよ、というような魅力がない。プラスチックの時計など、見るからに質感も悪い。それでやはり1万円。価格的に合わないのなら、無理に時計なんか扱わなくてもいいのに。免税ったって、大した差でもないし。まして、ネクタイなんか、現地で降りてから買えば、いくらでも選べる。

 飲み物のサービス同様、べつに飛行機が機内販売なんかやらなくてもいい。とはいえ、以前のセンスが良かっただけに、中途半端な惰性でやるのはどうかと思う。止めるなら止める、やるなら、もっと本気で、観光客では知らないような銘品逸品を紹介する。どっちか、はっきりしてほしい。

  
                                 
                                      

コメント

非公開コメント