ヘッダー画像

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ホームページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

    
            

スポンサーサイト

--/--/--
category - スポンサー広告
                         
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                                 
                                      
            

ティーパーティとブログ映像

2010/07/23
category - 未分類
コメント - 0
                         
 背景には、サブプライム問題以降、悪化し続けている貧困問題に対する救済政策と、各地で自然発生した白人女性を中心とするティーパーティ(Tax Enough Already)運動の抵抗がある。政府側は、これを人種差別的として退けようとしていた。

 そこに、黒人農務省職員が、24年前、白人農民に差し押さえのことで相談を受けたが、対応しなかった、との発言をしている映像がある男のブログに掲載され、FOXテレビをはじめとして、全マスコミが逆人種差別として騒ぎ出し、政府はあわててこの職員を辞職させた。ところが、その後の調べで、この映像は意図的に編集されて歪曲されたものであり、これをブログに掲載していた男はティーパーティ側の人間だったことが発覚。政府は本人に謝罪したが、ゲリラ的なティーパーティの体質、マスコミや政府の拙速を含め、全米で揉めに揉めている。

 だが、これに近いことは、日本では、自民党時代も、民主党になってからも、マスコミ自体がなんども仕掛けている。全体の脈絡を歪曲するような報道をして飛ばす。というより、その時々で方向性を持っているところをみると、政治性を帯びた完全な確信犯だろう。日本では、マスコミそのものがティーパーティ的な存在であり、危険だ。
                                 
                                      

コメント

非公開コメント

    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。