ヘッダー画像

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ホームページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

    
            

Hale Centre Theatreに行きたい

2013/10/17
category - 未分類
コメント - 0
                         
 行きたい! これ、ユタ州の非営利ミュージカル劇団で、1985年にオープンした。小劇場規模の円形サーカス舞台なのに、ブロードウェイその他の良質な作品を、きっちり演じ上げてみせる。とにかくむちゃくちゃうまい。そのうえ、小さな円形舞台の演出が秀逸で驚かされる。それも大都会のメガシアターと違って、ミュージカルが目の前で生声で歌い上げられるんだぜ。このすごさを見たら、『レミゼラブル』でも『チキチキバンバン』でも、正規ライセンスを交付せずにはいられないだろう。

 日本の劇団X季なんかが典型的にそうだが、劇場がでかくなって、舞台の生命線であるライヴ感を失った。だから、ミュージックボックス式のカラオケ作品だらけ。俳優座とか、良い劇場がないではないが、東京でさえ、上演日数が少なくて、単価がバカ高い。それでよけいに客離れ。劇場っていつもやっていて、街中に役者が住んでいて、っていう基本が無い。儲けることばかりで、お客さんのために、とか、子供たちのために、というのを、どこかで忘れてきてしまった。だから、応援する人もいない。

 ユタ州は、まじめなモルモンの連中が多く、昔から演劇や映画の運動が盛ん。『ナポレオンダイナマイト』なんかもそうだった。演劇と信仰心って、根本では繋がっていると思う。