ヘッダー画像

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ホームページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

    
            

スポンサーサイト

--/--/--
category - スポンサー広告
                         
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                                 
                                      
            

学生が就職内定を獲得!

2010/11/30
category - 未分類
コメント - 0
                         
 こんな喜ばしい話はない。なにしろこの状況だ。それもこの時期だ。そのうえ、職種も妥協ではない。東京の方で、舞台演出関連の会社だそうだ。もとよりまじめな学生なので、なにかチャンスはあるだろうとは信じていたが、少々、不安でもあった。やはり、神様だか、仏様だか、スカラムーシュ様だかが御覧になっていらっしゃるのであろう。

 まあ、考えてみれば、景気動向が不透明になってくれば、会社の方も、そう早々に内定を出したりしない。いや、出す会社の方がどうかしている。就職活動の長期化が勉強に影響を与えるから、会社側もそろって時期を送らせよう、などという話があるが、学生側をおもんばかってというより、会社側が自分のところの都合で自分だけ遅れるのを嫌がって、という気がする。

 むしろ学生の側からすれば、長期化もなにも、大学に進むこと自体、将来の仕事を考えて、という方が当然だろう。この不景気に、無私無欲に真理を探究するため、などというやつがいたら、気味が悪い。この意味では、ドイツ並みに、高校のうちから就職を見定めて、進学する大学や学部学科を検討する方が賢明だ。そして、意外かもしれないが、喰えなそうに見える芸術系でも、専門特化していると、競争無しに就職口があったりするものだ。
                
スポンサーサイト
                
                                      
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。